読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陽(あきら)のみかりん

いろいろな手続きを、引っ越しの際には行わなければなりません。

重要なものの筆頭に、役所への手続きがあります。



その手始めは転出届と転入届です。

転出する市区町村の役所で手続きすると、転出届を発行されるので、転入する市区町村の役所に行き、転入の手続きをします。


当然ですが、転出届がないと、転入の手続きができないことはくれぐれも注意してください。これを忘れると他の手続きも進まなくなるので引っ越ししたら、すぐに手続きを終わらせた方が良いです。数年前になりますが、新居が完成して引越ししたときに、自分のデスクトップPCを壊さず運ぶことに神経をとがらせていました。

引越しの時は、娘は3歳、息子が1歳だったのですが、写真データの全てがパソコンのドライブに保存されていたので運ぶときの衝撃でデータが壊れないように幾重にもクッション材を巻いて箱に入れました。

業者さんも本当に丁寧に扱ってくれたのでデータは壊れることなく運ばれ、傷もありませんでした。



いざ引っ越し作業を始めようというタイミングで、なければ何もはじまらない物は何かと言うなら、当然、ダンボールでしょう。

少量の引越しにおすすめな単身パックって実際のところどうなの?


荷造りではとにかく大活躍します。様々な大きさを揃えておくと、使い分けができて作業しやすいはずです。



不足してから改めて調達、となると時間の無駄ですし、心もち多めに用意しておくと、安心かもしれません。無料で入手したいなら、スーパーマーケットなどお店でもらえますし、新品をホームセンターなどで買うこともできます。ですが、何と言っても、引っ越し業者の用意するダンボールを使うのが強度や扱いやすさを考えると、おすすめです。
私は地方出身だったので、今まで3回引越ししています。


引越しのきっかけは進学、就職などですが、どうしても梱包に手間取ってしまいます。私の実感として、単身者の場合は、値段は高くても、引越し専用ダンボールと布製ガムテープを使えば頑丈で運びやすい荷物が作れるということです。スーパーで分けてくれるダンボールや、クラフトテープとは強度の差は明らかです。問題なく荷物を移動させるために必要になるので、必ず使うようにしてください。
自分の引越しといえば結婚のときですが、利用したのはヤマト運輸の単身引越パックです。


実は、業者さんを頼っての引越しなど初めての経験で、最初の電話から、緊張の連続でした。

しかし、どの作業員の方も丁寧な対応と、確実な作業をしていただき、信頼して荷物を任せ、作業を進めることができました。

今度引っ越しするときも、ぜひお願いしたいと思います。

様々な理由で、数多く引っ越しを重ねてきた方以外は、引越しするということは、生涯の中でも転換期になり得るわけですが、それにまつわる想定外の事態もあっておかしくありません。移転当日は特に忙しいものですが、多くのことを同時にこなそうとし、予期せぬトラブルが起きてしまうと、引っ越し全体に関わる問題になってしまうので当日までに、余裕を持って準備を進めておきましょう。


衣類、特に厚手のコート類などを引っ越しの荷物として運ぶ時に引っ越し業者からレンタル可能な運送用の衣装ケースがあり、これの使用によって荷造りが大幅に簡素化できるでしょう。ダンボールを使って荷造りをしていくとなると箱の中にたたんで詰める手間が必要となります。


でもこういった衣装ケースの場合はハンガーにかけてある状態で、すぐケースにどんどん移動させて梱包できます。新居で行なう荷ほどきも同様にハンガーラックや、クローゼットなどに吊っていけるので、大変便利です。
今から15年ほど前に、この町で働き始めたのをきっかけにこのアパートに引越したのです。
3年くらい働いたところで、ここを離れて実家に帰る予定で、実家に住民票を置いたままにしていました。ですが、この町は住み心地が良く、職場もやりやすいところで、ずるずると居続けてしまい、結婚の話も進んできました。実家よりもこちらの方が税金も安いようで、これから住所変更しても悪くないかと思っています。


住むのに手狭になってきたマンションを引き払い、家を買うことにしましたが、そういった不動産の売買契約時にはちゃんとした実印と印鑑証明書がいる、ということについてまったく、知らずにおりました。登録は一応していました。親が代わりにやっておいてくれました。



しかし、違う市から転入することになる今回の場合は、転入先の公共機関(市役所や出張所など)においてまた登録をしておかなければならないのです。


契約直前になっていきなり登録に行く事になったのでとても気忙しい思いをしたものです。どれ程の金額が、引っ越しの際にかかることになるのか、という点はやはり気になりますね。

ですが、今日日、それくらいのことはインターネットを利用するとすぐにわかるでしょう。

一度に何社もの引っ越し業者より見積もりを出してもらうことができたりしますから、引っ越し業者はどこがいいのかとにかく安い業者を見つけたいときには、一度、業者の比較サイトを見て、利用してみると費用面の不安が軽減されるでしょう。